海洋深層水マハロでマハロ♪
海洋深層水マハロの紹介や海洋深層水やミネラルウォーター、水などのニュースや管理人の日常などを書いています。どうぞよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水の価格が世界各地で上昇

世界各地で水の価格が上昇または急騰している。過去5年での各自治体における、水道料金の値上げ率の平均を見ると、アメリカは27%、イギリスは32%、オーストラリアは45%、南アフリカ共和国は50%、カナダは58%だった。チュニジアでは過去10年間で灌漑用水の価格が4倍になった。
14か国に関する最近の調査によれば、各自治体の水道料金の平均は、1立方メートル当たり、アメリカの66セントから、デンマークとドイツの2ドル25セントという幅がある。それでもなお、消費者が水の本当のコストを負担することはほとんどない。それどころか、実質的に(ときには文字通りに)無料で水を供給している政府も多い。
平均的なアメリカの家庭での水の使用量は、年間約480立方メートルである。この使用量で、ワシントンの住宅所有者が支払う金額は約350ドル(1立方メートル当たり72セント)だが、グアテマラ・シティのスラムで同じ量の水を業者から購入すれば、1700ドル以上かかる。
人々が支払う水の価格は、主に3つの要因で決まる。供給源から消費者までの輸送コスト、水の総需要、補助金である。浄水・消毒費用もこのコストに加算されることがある。
水の輸送コストは、移動距離と運び上げる地点の標高の高さに大きく依存する。人口が増加している都市や町の場合、高まる需要を満たすために数百キロメートルも離れた場所から水を引かなくてはならないかもしれない。カリフォルニアの都市は、長い間、数百キロメートル離れた地点から水を運んできた。また、中国は、長江から、北京や北部の省で急速に人口が増加する地域へ水を輸送するために、3つの運河を建設している(全長はそれぞれ1156キロメートル、1267キロメートル、260キロメートル)。
地下水の汲み上げや、標高の高いところへ水を運ぶことは、エネルギー集約度が高い。480立方メートルの水を、標高が100メートル高いところまで汲み上げるためには、約200kWhの電力が必要である。1kWh当たり10セントでは、コストが約20ドルになるが、これには揚水機、井戸、配管の費用は含まれていない。100メートルの汲み上げは、地下水の供給量が減少している井戸では珍しくない。たとえば、北京などの華北地域では、1000メートル汲み上げなくてはならないこともある


標高2239メートルのメキシコ・シティは、水供給の一部を1000メートル以上の標高差まで汲み上げなくてはならない。運営コストだけでも、年間1億2850万ドルに達する。この揚水に必要なエネルギー量は、近郊のプエブラ市(人口830万人)で消費される総エネルギー量よりも多い。ヨルダンのアンマンは、標高の高い地域への水の輸送で似た問題を抱えている。
大半の地域では、水は市場で購入または取引されていない。しかし、アメリカ西部、オーストラリア、チリでは、正式な水市場が形成されている。実際に水市場が存在するところは、水の希少価値がいかに高くなりえるか(つまり、他の潜在的利用者が喜んで支払う金額)の例を示す。2006年12月、オーストラリア市場での水の価格は、長引く干ばつが一つの原因となり、年間で20倍まで増加し、1立方メートル当たり最高値の75セント弱に達した。この価格には、水そのものの費用が反映されているだけで、処理や輸送にかかる費用は含まれていない。アメリカ西部には、水不足が深刻なため、菜園の灌漑用として1立方メートル当たり1ドルで家庭排水を販売している都市もある。
インドでは、水不足のために、農作業をするよりも水を売ることで儲けようとする農家も出てきた。以前は作物の灌漑用水として使っていた水を、井戸から汲み上げて近郊の都市へトラックで輸送する。農家は、食料ではなく、水を収穫していて、同時に地下水位を急速に低下させている。
人々が水のために支払う金額の最終的な決め手になる要因は、補助金の量である。水の補助金は極めて大きいことがある。たとえば、デリー市の水による収益は、年間の水供給に伴う費用の20%に満たない。世界で平均40%近くの自治体の水供給事業が、基本的な運営と保全の費用をまかなえるほど、水の料金を徴収していない。
補助金の恩恵を受けるのは高所得世帯だけの場合が多い。よくあることだが、途上国の都市部のスラム住人は、自治体の水供給へのアクセスがなく、水をトラックで運んでくる民間の供給業者から水を買う。この販売の主導権を握るのは悪徳業者であることが多いこともあり、価格は非常に高く、通常は1立方メートル当たり1ドルを超える。たとえば、アジアの都市では、民間業者から水を購入せざるをえない世帯は、自治体の給水システムに接続されている中所得世帯より10倍以上高い金額を支払っている。ウガンダの最貧困層の家庭では、水の費用が所得の22%を占め、エルサルバドルやジャマイカの人々は、水のニーズを満たすために、所得の10%以上を使っている

水の補助金は途上国に限られたことではない。たとえば、カリフォルニア州セントラルバリーの農家は、同州の水使用量の約5分の1を占めながら、1立方メートル当たり平均1セント強と、ロサンゼルスの飲料水の価格のわずか2%、水の補充コストの10%に過ぎない。ユタ州中央部でのアメリカ政府による新規計画に関するある分析によると、この計画によって供給される水のコストは、灌漑業者が支払う金額の40倍近くになると予測されている。
水は、生命を維持させ、貴重で、ますます不足する資源だというのに、現在は、まるで価値がないかのように管理されている。もっと分別のある方法で水を管理するための重要なステップのひとつは、水の価格に価値と希少さを反映させることだ。そうすることで、特に低所得世帯に打撃を与えるような、価格の大幅な値上げが生じる可能性があることは言うまでもない。
この問題を回避する最善の方法は、使用水量が少ない場合(基本的なニーズを満たすために必要な量)は安価で、使用水量の増加に応じて水量区分ごとの単価が高くなるという料金体系を活用することだ。
たとえば、大阪市では、毎月の使用水量が10立方メートル以内までは定額で、超過した場合は、1立方メートル82セントから3ドルまで段階的に料金が上がる。さらに、貧しい世帯でも安定した水供給を確保できるようにすることで、民間業者の価格つり上げから守ることもできる

妥当な水の価格を設定することで、短期的には政治問題を引き起こす可能性はあるが、長い目でみれば著しい効率向上が期待でき、政府予算のムダな流出をなくすこともできる。価格が高いと、農家や業界は水の利用の効率化を進め、一般家庭も省水型の家電製品を購入するようになり、水の無駄遣いも抑制されるだろう。効率向上の多くは比較的安価で、ほとんどは元が取れる。たとえば、温水の使用量を減らすための改善は、水だけでなくエネルギーも節約できるので、いずれは元が取れる。
エネルギーと水のつながりは実に多い。採水や水の輸送と処理には、大量のエネルギーが必要なだけでなく、1970年代の石油価格ショックが省エネを促進したように、水の価格設定に本当のコストを反映させることで、工業、農業、一般家庭でも似たような節水努力が促されるだろう。



WorldWatch-Japan
http://www.worldwatch-japan.org/NEWS/ecoeconomyupdate2007-4.html

スポンサーサイト
本当にあった!1本5千円 うわさの高級水

破格の光熱水費と「ナントカ還元水」発言で物議をかもす松岡利勝農水相が、1本5000円の超高級水を飲んでいるという「うわさ」が広まっている。そんな値段の水なんて、あるわけないとツッコミを入れたいところだが、5000円の水は実在することが判明。ほかにも高価な水は複数存在し、最近の健康ブームなどから、いずれも「よく売れている」という。

 「松岡氏は500ミリリットルで5000円する水を飲んでいる。これが(高額な光熱水費の)真相」―。言い逃れにしても苦しいと思われた政府関係者の説明も、まんざらウソでもなかった。その水は「ナノクラスターGeルルド水1200」。500ミリリットルのペットボトルが税込み5250円だ。

 販売しているのは「オーガニックゲルマニウム株式会社」(兵庫県伊丹市)。鹿児島県志布志町で取れた水にゲルマニウムなどを含ませ、4年前から販売している。体調改善を実感した人がリピーターとなり「前年度に比べると売り上げは5割増」という。

 価格は半分以下だが、山梨県甲斐市の「水問屋」が販売する「水まろ」も人気だ。1箱1万2000円(500ミリリットル缶6本入り)。富士山のふもとでくみ上げた水に水素を加えた。医薬品ではないため明確に水の効用とは言えないが、脳梗塞(こうそく)からのリハビリに励む人が、体調の改善を実感した例も。1か月に100~150箱が売れていくという。

 これらの「健康水」とは別路線の「セレブ水」もひそかな人気。「フィリコ」はクリスタルガラスのスワロフスキーをちりばめたボトルとキャップを組み合わせて買うと、1万500円もするジュエリー感覚の水。当初はハリウッドスターらがホームパーティーなどで楽しんでいたという。

 インターネット販売業務などを行う「株式会社パレード」(本社・大阪市北区)では「去年の7月くらいから売り始めたが、クリスマスやホワイトデーのプレゼントに人気があるようだ」。ちなみに中身は普通の「六甲の水」という。

 なお、いずれの会社にも「松岡」名義での注文は来ていない。1本5000円の水なら、05年に507万円の光熱水費を計上した松岡氏は、1日約3本をぜいたくにがぶ飲みした計算になるが…。「水まろ」の水問屋では「むしろ(松岡氏に)ご紹介させていただきたい。さびを体外に出してくれるでしょう。心身ともに」と話していた。

 ◆「高い水」日本人だけ

 映画監督で「ミネラルウォーターガイドブック」(新潮社)などの著書もある早川光さんは、これらの高い水の出現について「一般的なミネラルウオーター市場とはまた別の、一部の人たちによる一時的な現象では」と分析した。
今、日本に流通しているミネラルウオーターは「400~450ブランド」ほどという。主流は1.5リットルあたり150~200円のもの。健康志向からか、昨年頃から酸素水やバナジウム水が多く出現する傾向という。
「これらのものと高価な水が、効果がすごく違うといえないと思う」と早川さん。水に数千円のお金を出すのは日本ならではといい「今後は現在よりも、さらに安い値段の水が主流になるのでは」とした。



スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070320-OHT1T00084.htm


ガーデンシネマ初の邦画「丹下左膳」、浴衣で割引も

恵比寿ガーデンシネマ(TEL 03-5420-6161)では開館10周年を記念して7月17日より、「丹下左膳・百万両の壺」をロードショー公開する。同館での日本映画の上映は開館後初となる。同作品は、数ある左膳映画の中で最も人気が高い山中貞雄監督作品「丹下左膳餘話・百万両の壺」(1935年)の完全リメイクで、山中貞雄監督は26本の監督作品を残し、28歳の若さで生涯を閉じた。豊川悦司主演の同作では、現存するオリジナルフィルムには欠落していたチャンバラ・シーンも再現した。上映期間中、同館に着物か浴衣で入場すると当日一般が200円引きに、学生が100円引きになる割引サービスも実施する。また、恵比寿ガーデンプレイス・グラススクエア内のミネラルウォーターバー「R gath(アールギャズ)」が作品のイメージに合わせてセレクトした京都のミネラルウォーター「伏水」(160円)を、同館ロビーで販売する。



渋谷経済新聞
http://news.google.com/news?hl=ja&ncl=http://www.shibukei.com/headline/1612/

ダルが水の基金設立

ダルビッシュ有投手は23日、水不足に苦しむ世界の人々に水を提供するための「ダルビッシュ有水基金」を設立すると発表した。

 安全な水の供給を目的に日本水フォーラムと協力し、公式戦で1勝するごとに10万円を寄付し、発展途上国の井戸掘りやポンプ設置などの資金に充てる。ダルビッシュは「野球を通じて社会、そして世界に何かできないか。そんなことを考えたとき、できることから始めようと。この小さな思いが多くの人たちを、そして自分自身をも勇気づけてくれるようになればいいと思っている」とコメントした。



北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070324&j=0034&k=200703245017
水保全へ県健全化プログラム決定

川や湖、森といった水環境への意識を高め、良質な水に恵まれた地域を残すことを目指す県の「青森の水健全化プログラム」が十九日、青森市で開かれた有識者委員会で正式に決定した。四月中に県のホームページなどで公表される。水に関する情報交換の場となるポータルサイト「素滴(すてき)青森」と「ピュアドロップあおもり」は、五月に公開する。

 同プログラムは「いい水、いい人、いい青森、水と人の循環社会」を基本理念とし、県民の自発的な活動を促すことが狙い。行政、事業者、団体、個人の四者が取り組むべき内容を示している。

 また四者が連携していくため、ホームページを開設し、「素滴青森」など二つのポータルで、情報発信・情報交換のネットワークをつくっていく。食や健康など水にまつわる生活情報の提供や、ボランティア団体や民間非営利団体(NPO)の活動紹介などを予定している。

 このほか二〇〇七年度以降、学習用パンフレットを県内の小中学校や市町村に配布したり、地域住民を対象とした「水循環教室」を開いて、水環境への意識を高めていく。



東奥日報
http://www.sanin-chuo.co.jp/hobby/modules/news/article.php?storyid=346885085

国連「水の日」

清潔な水を得られる人はほんの一握り。水の保護を訴える国連「水の日」は、3月22日スイスのNGO「南同盟 ( Alliance Sud )」 が、地球上の公共財産としての水を保護する国際条約の必要性を提唱している。

南同盟はスイスにある6つの開発援助団体が形成するグループ。
「水を得る権利は人権」をモットーに、国際的な条約を作る必要性があると発言した。

ベルンで開かれた会合「国際水大会」には開発・人道援助団体の代表のほか、経済界の代表も参加した。「国際法により、水は保護されなければならない。環境や動植物の多様性が保護されているのと同様に」南同盟の代表ローズマリー・ベアー氏はこのように主張する

水は人権

「国際水大会は、国や地方において、人々が水を得る権利を確保するために重要な手段となってくれるでしょう。また、水政策に民主的な決定を下すためにも重要な役割を果たすことでしょう」とベアー氏は付け加えた。条約は2008年秋には成立する見込みだが、各国の批准には時間を要すると見られている。

 スイス連邦外務省の人権政策局のヴォルフガング・アマデウス・ブレーハルト局長は「水を得る権利は人権であるなどと、あえて言わなくとも、これは当然のことだ。しかし、どのようにしてこの当然の権利を実際に行使できるのかという問題がある。スイスだけでは、国際的な解決方法を提案したり、宣言文を発表するには限界がある」と指摘する。

 衛生的な飲料水や衛生施設を得るため各国の政府は、民間企業や地方自治体とのより密接な協力が必要だ。しかし、水をビックビジネスにつなげることにNGOは強く反対する。「企業には彼らのルールがあるのでしょうが、水についてはそれを通用させてはいけないのです。水は公共の財産であり、民間企業などの独占は許されません」と前出のベアー氏。

 さらに「ブルー・プラネット・プロジェクト」のモード・バルロー氏は「水を得る権利は人間の権利であり、政府は人権を守る義務があります。ミネラルウォーターの製造会社は、たとえば一時的な水の不足で利益を上げるでしょうが、それを大きな問題として取り上げようとは思いません。問題は、企業がすでに水カルテルを結んでいることです」と指摘する。

スイスの水管理

 国連は2005年から10年間「命のための水、国際10年」と制定し、3月22日を国連水の日に定めた。今年は「聖なる水」をキャッチフレーズにしている。聖なる水とくれば、旱ばつが思い起こされる。しかし、世界各国の農業には水が必要であるし、都市化、産業化により、また特に、地球の温暖化により水の需要が大きく増加した。水不足はごみや環境汚染に深く関係がある。

 スイスの水質は非常に高い。過去50年間、浄水場の技術が発達したことも水質向上につながった。しかし連邦環境局 ( BUWAL/OFEFP ) によると、水の保護はいまだ不十分だという。化学薬品、中性洗剤、歯磨き粉、染料、殺虫剤など家庭から排出される汚染物や工場や農業から排出される微小な環境破壊物質の処理が現在の課題だ。

 「現在は微量にとどまっており、問題はさほどありませんが、環境ホルモンの流出が一番問題視されています」魚の生態に影響を与えるからと指摘するのは環境局の水を管理するシュテファン・ミューラー氏だ。環境局はいま、こうした微小環境汚染物質に汚された水の浄水装置の開発に取り組んでいる。

 「微小環境汚染物質の影響はまだ解明されていません。たとえ影響があってもそのプロセスは非常にゆっくりとしたものです。まず小動物に悪影響を及ぼし、次に人類へ拡大し、それからすべての環境システムを破壊してしまうのです。非常に危険な物質が水に混入していることが分かっても、その時点ではすでに遅いのです」とミューラー氏は警鐘を鳴らす。

swissinfo、シモン・ブラドレー、佐藤夕美 ( さとう ゆうみ ) 意訳


swissinfo - Switzerland
http://www.swissinfo.org/jpn/front/detail.html?siteSect=105&sid=7638445&cKey=1174477612000

子どもらが水問題考える

4年前に京都市などで開かれた第3回世界水フォーラムを記念する「市民水の日」(22日)を前に、子どもを対象に水問題について考える催しが21日、京都市左京区の京都会館であり、京都世界水大賞の第1回受賞者が講演した。

 昨年メキシコで開かれた第4回世界水フォーラムで大賞を受賞したインドのNGO(非政府組織)「グラム・ヴィカス」代表ジョー・マディアスさんが、現地での活動内容を報告した。

 かんがい用水がないため女性が4、5時間かけて水汲みをしたり、屋外で用を足す習慣があったため、女性の地位向上や衛生面に問題がある地域だったが、マディアスさんらの活動で、上水道の整備やトイレとシャワーの設置を促して衛生問題を解消。水汲みをしなくてもすむ女児の就学率が向上したことなどが報告された。



京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007032100128&genre=H1&area=K1D

水の復讐

中央アジアのアラル海は、人類が水に対して行った最悪のテロの犠牲者に挙げられる。 旧ソ連の無分別な開発政策のためだった。 1960年代以降、この湖付近では綿花裁培など大規模な開発事業が行われた。 この過程でアラル海の水源となる河川の水をどんどん引いて使用した。 自然の報復は過酷なものだった。 世界で4番目に大きな内陸海で、韓国の3分の2ほどの面積があったが、40年余が過ぎた今日では慶尚北道(キョンサンブクド)ほどに縮小した。 数万人がいた港町は水辺から100キロ以上離れた廃村に転落した。 湖底は、塩や土埃の中に動物の骨がごろごろと転がる砂漠と化した。 環境探険家ヴィリエは「水の危機」で「人間の傲慢、貪欲、無知に対する自然の警告」と書いた。 アラル海隣接国であるウズベキスタンの民族詩人ムハマド・シャリクは「涙でアラル海を満たす方法はないのか」と嘆いた。 中央アフリカのチャド湖、中東の死海のように地図から消える危機にある湖は地球上にたくさんある。

水の97.5%は海水のように塩辛い水で、淡水は2.5%にすぎない。 河川の水のようにすぐに使用できる淡水はこのうち0.26%にすぎない。 人口が2倍に増えたこの100年間、水の消費は6倍に増えた。 きれいな水さえ飲めない人口は昨年11億人に達した。 韓国も安心できない。 1人当たりの降水量は2591立法メートル。世界平均の8の1で、「水不足国家」に分類されている。(韓国水資源公社、「水と未来」)

ユーフラテス川のように複数の国を通って流れる中東地域の共有河川は、地政学的特性のため不安でならない。 ブトロス・ブトロス=ガーリ元国連事務総長は「未来の中東戦争は石油でなく水のために起こる」と予言した。 「ウイスキーが飲むためにあるのなら、水は戦うためにある」とマーク・トウェインはこの部分をさらに強調する。

しかし東洋伝来の思考で、水は争いとは距離があった。 老子は「至高の善(上善)」を水に例えながら「水は善く万物を利して争わず、衆人のにくむ所にある(水善利万物而不争処衆人之所悪)」と説明した。

22日は15回目「世界水の日」。 「地球の水不足に立ち向かって」という今年のスローガンは、昨年の「水と文化」とは違って危機を感じさせる。 私たちも始華(シファ)湖で痛感している。 水がいくら善の象徴だとしても、人間の無知が積もりに積もれば災いを招くということを。


中央日報 - South Korea
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=85713&servcode=100§code=120>

JT、健康とダイエットを考えた機能性ウオーター「Dieta Dieta」を発売

JTは、健康志向のニーズの高まりに応えるため、3つの素材が入ったカロリーゼロのスパークリングダイエットサポートウォーター「Dieta Dieta」を4月2日から発売する。

 忙しい毎日をおくる現代人にとって、「健康」や「ダイエット」は永遠の目標・テーマでありながら、なかなか自分の思い通りの食生活を実行するのは難しいもの。JTは、そんな現代人に向けて普段通りの食生活を続けながら、適正なカロリー摂取をサポートする機能性ウオーターとして「Dieta Dieta」を開発した。

 近年の健康志向とともにダイエットや美容のために、水の継続的な飲用を習慣とする人が増えている。今回はその中でも炭酸による満腹感、爽快感で人気の高いスパークリングウォーターに注目の3つの素材、「アラビノース」「食物繊維」「海洋深層水」を加えた。風味は爽やかな「ゆず&甘夏」で、食事の味も邪魔しないという。

 「Dieta Dieta 」によって、カロリー摂取過多が気になる人、日頃から健康に気を遣っている人、これからの季節に向けてダイエットをしたい、と考えている人々の、“健康”で“おいしい”生活をサポートする考え。

 パッケージは、海洋深層水とクリアな水のイメージを、深い青から透明へと変化する色調で表現したという。また、水面の波をモチーフと商品名で無糖炭酸水の爽快感を演出する。

[小売価格]130円(税別)
[発売日]4月2日(月)

ジェィティフーズ=http://www.jti.co.jp/softdrink/
Dieta Dieta オフィシャルウェブサイト=http://www.dieta.jp/



マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
http://www.mylifenote.net/003/jtdieta_dieta.html

水輸入349万ドル、金額ベースで輸出上回る

【ソウル21日聯合】3月22日の「国連水の日」を控え、国税庁は21日、昨年の水輸出入動向を明らかにした。それによると、水の輸出量は871万リットル、輸入量は561万リットルで輸出が輸入を上回った。しかし、金額ベースで見ると輸出が288万ドル、輸入が349万ドルで、輸入が輸出を上回った。
 韓国は2005年に水輸出額が輸入額を39.0%上回り、初の水輸出国となった。しかし昨年は水輸入が前年に比べ20.7%増加したのに対し、輸出は逆に29.5%減少した。

 関税庁関係者は、高価な水の輸出対象国である日本と米国への輸出額が減少したためと説明した。最近輸入される水は飲用水で、国産に比べ価格は高いものの輸入量は毎年約20%の高い増加率を見せている。

 輸入先はフランスが全体の75.6%を占め最も多く、次いでフィジー、イタリアなどが続いた。輸入価格は、海洋深層水を利用した日本とフィジーの飲用水が1リットル当たり1.1~1.2ドルで最も高く、最も安かったのは中国の飲用水で、1リットル当たり0.2ドルだった。



YonhapNews World Service - South Korea
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=2007032100220088

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。