海洋深層水マハロでマハロ♪
海洋深層水マハロの紹介や海洋深層水やミネラルウォーター、水などのニュースや管理人の日常などを書いています。どうぞよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豊洲の強アルカリ性問題

「汚染された土地で『水への影響に気付かない』は論外」

豊洲の強アルカリ性問題で、環境専門家に聞く軸丸 靖子(2007-04-25 05:00)

 都知事選後はめっきり話題に上らなくなってしまったが、東京都中央卸売市場(築地市場、中央区)の移転問題はまだ続いてる。

 移転予定地(江東区豊洲)の土壌が高度に汚染されていることに関して、オーマイニュースでは以前、その土壌から染み出している地下水が、水質環境基準を大幅に上回る強アルカリ性であること、またその地下水が処理を経ず、そのまま東京湾へ流されていることを報じた。 強アルカリ性の水が土から染み出、海に流されているという事実は何を意味するのか。株式会社環境総合研究所取締役調査部長の鷹取敦氏に聞いた。

「豊洲の土壌調査は必須」と語る鷹取氏(撮影:軸丸 靖子)――築地市場の移転予定地とされる豊洲の土地には、3月末まで、大きな池のような水たまりがありました。水たまりはすでに埋められましたが、盛り土の低層部からは、今も水質環境基準(pH5.8以上8.6以下)を上回る水素イオン濃度(pH)11.35の水が染み出し、海へ排水されています。「地下水のpHが高い」という事実から、何が示されますか?

 「あれだけ汚染されている土地なのだから、そこに降った雨水は当然影響を受けます。『雨水だから安全だ』という東京都の説明は全く成り立ちません」

 「仮に都の言うとおり、地表面から2メートルの土を健全土と入れ替える処置をしても、その下には汚染されたままの土が残っている。そこに雨水が溜(た)まれば、当然その雨水も影響を受けます。測定しなくても『汚染された土地から出る水は汚染されている可能性が高いもの』と思って扱わなければならない。水への影響に気付かなかったふりをして、そのまま海に流すなどというのは論外です」

 「また、現場で(土壌改良)作業をしている人は、土と水が汚染されているというリスクを知らされていなかったと考えられます。そうであれば、都にはそうした方々への労働安全上の責任がある。アスベストの除去作業を、アスベストと知らせずにやらせるようなものです。単に強アルカリ性のヌルヌルした水というだけでなく、ベンゼンやシアン、水銀が溶け出している可能性のある水を、『雨水だから大丈夫』といって扱わせていたのであれば、非常に問題ですね」

――都の関連各部局はオーマイニュースの取材に対し、「汚染物質を排出している企業なり施設が土地の上になければ規制のしようがない。だから(更地である豊洲では対象外であり)水質の測定を行う必要がない」と説明しています。

 「規制基準の適用外という意味では、確かに汚染状況を把握する必要 はありませんが、労働者の安全、あるいは海への排水という点については、汚染に配慮してしかるべきです。法律に規定されていないというのは、単に法律が作られたときに想定されていなかっただけであって、イコール安全ということではない。法律に想定されていない状況はたくさんあります。『法律が測る必要がないと言っているから測りませんでした』という姿勢では、安全は確保できません」

 「特に豊洲の場合は、土壌汚染を知らなかったとは言えません。汚染の可能性が高いことは(東京ガスが汚染データを公表した2001年以前でも)分かっていたのだから、少なくともその土地で作業をしたり水を海へ流したりするのであれば調べることが当然といえます」

土から染み出している地下水(2007年3月20日撮影)(撮影:軸丸 靖子)――今回のデータでは、地下水が強アルカリ性であることは明らかになりましたが、水も土壌同様の有害物質に汚染されているとは確認されていません。ここからどういった状況を推定し、何を行うべきでしょうか?

 「豊洲は埋め立て地です。水が土壌から染み出しているということは、下で周囲の海とつながっている可能性も考えられる。つまり、上から(降ってくる雨水)ではなく、(埋め立て地を囲っている遮水壁の)下から海水が上がってきて、地表面に出ているのかもしれないということです」

 「そうだとしたら、土壌の汚染された部分を通って水が出てきているわけですし、逆に、雨水が汚染土壌を通って海へ出ているとも言える。都に言わせれば、海の水は大量にあるから問題ないとなるのでしょうが、濃度が薄ければ汚染物質が溶け出しても良いのですか、ということになります」

 「都の言うとおり、法的な違反はないかも知れない。ですが、違反していないから安全だとは言えないのです。行政がやるべきことは、単に法律を遵守(じゅんしゅ)するのではなく、汚染する可能性があれば対処することです」

 「pHが高いということは安全ではない可能性、水が汚染されている可能性が高いことが示唆されます。少なくとも生鮮物を扱う市場を持ってくるということは考えられないことですが、まずはきちんとした調査が必要です。石原都知事は、専門家に依頼して豊洲の土壌を再調査するかどうか検討するとしていますが、調査はしなければなりません」



引用記事
オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070424/10457

スポンサーサイト
アペリティフの日
6月の第一木曜日は「アペリティフ」の日だそうです。アペリティフとはフランス語で食前酒のこと。
フランス農水省が2004年から提唱しているのだそう。
11月の第三木曜日の「ボージョレヌーボ解禁日」のようなお祭り?を狙っている感じ。
今年は4年目。6月7日がその日にあたる。
六本木ヒルズアリーナでイベントを開催予定。都内のトップホテルシェフやパテシエ、ソムリエ、バーテンダー達が選りすぐりの食事や飲み物を用意する。
食品業者も参加。
当日はアペリティフカクテルコンクール決勝大会も公開。
チケットは前売りで2500円~4000円。
時間帯で料金が違う。11時半から20時20分を4つの時間帯に分ける予定。

参考記事

日経レストランonline-topic
http://nr.nikkeibp.co.jp/topics/20070416/

千葉県がおいしい水計画
千葉県が2015年度までに残留塩素など現在よりも半減するなどの目標値を設定し、美味しい水計画を作成。

ウォーターメイト制度なども導入して水道水の信頼性向上に努める模様。

水質検査も実施し、残留塩素、臭気、有機物、濁度など8つの目標値を2015年度までに達成する予定。

参考記事
nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070410c3b1003w10.html

私は現在千葉県在住なのだけれど、水道水はほとんど飲みません。

お料理にも使いません。

マンションが古いから。

貯水池での検査をクリアしてもパイプが古ければ、さびやカビなどが入ってしまいますから。

いきかえり地蔵
JR武蔵小金井駅南口、小金井中央商店街に「いきかえり地蔵」が誕生。

いきかえり地蔵
写真提供:asahi.com

そもそもこのお地蔵さん、どうしいて生まれたかってことなのですが、

3年前、商店街の町おこしの一環として、地元名物の地蔵堂「六地蔵」の敷地内に深井戸を掘って、そこから湧き出る水を「六地蔵のめぐみー黄金の水」と称して、飲料水として販売。

町おこしの盛り上げ役なのです。

同商店街のアーケードにはその他に「出迎え地蔵」や「しあわせ地蔵」などもいらっしゃるようです。

参考記事
asahi.com
http://www.asahi.com/komimi/TKY200704080106.html

アロマーズウォーター伊藤園が発売
伊藤園が、天然水にローズエキスを加えた「Aroma Rose Water」を発売。4/9から販売する。

天然水は北アルプスで採水されたもの、バラはブルガリア産ダマスクローズを使用。

147円/500ml。

アロマローズウォーター
画像提供:伊藤園


ミネラルウォーター最新事情
ミネラルウォーターに香料やミネラル成分酸素などを添加して「機能水」として続々と商品化されているという。

ミネラルウォーターの需要は年々増加。

その一端になっているのが美容とダイエットに関心のある女性たち。

なぜなら彼女たちにはミネラルウォーターは必需品。

しかし、ミネラルウォーターに表示されている「カロリーゼロ」の真実を知っている人はどれだけいるだろうか?

健康増進法に基づく基準で、食品100mlあたり5カロリー未満であればカロリーゼロ、ノンカロリーと表示できるそう。

全くのゼロではないんですね。

確かに「カロリーゼロ」だからと言ってガブ飲みした後の、へばりつくような甘さやテーブルにこぼしてしまった時、水のようにサラッと吹けないべとつき。

あれ、砂糖以外の何ものでのない。

美容とダイエットに励む皆様、「カロリーゼロ」の表示にはくれぐれもご注意を!

yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000001-fsi-bus_all

貴方に適正な一日の水分量は?
「ダイエットには2リットル/日の水分が必要」と言われるのはいまや常識。

しかし、この2リットルの根拠は何なのだろう????

体重が42kg(嘘)の私と200kgを超えるお相撲さんとでは同じ水分量で良いのだろうか?

やはり必要な水分量は体の大きさによって変わってくるのだそう。

その計算式は

体重(kg)×40cc

ですので、2リットルが必要なのは体重が50kgの人。

大体日本人の女性の平均体重がこれ位だからこの2リットルという数字もあながち嘘ではなさそう。

さてさてあなたの適正水分量は何リットルになりましたか?

参考記事
ライブドア・ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3108605/

ウトコディープシーテラピーセンター&ホテル
室戸市室戸岬町のウトコディープシーテラピーセンター&ホテルは昨年夏オープン。
海洋深層水療法が話題。
更にデザインも洗練されていて、ブルータス別冊「極楽ホテル案内100」の中に選ばれている。

世界的なメークアップアーティストのシュウ・ウエムラ氏とのコラボでできたホテルのよう。

ホテルのサイトはFLASH何か使って凝っているのだけれど、本ページが出るまで時間がかかるからイライラ。

こちらがウトコディープシーテラピーのページ

16,000円位から泊まれるようなので、手頃ですね。

参考記事
高知新聞ニュース
http://www.kochinews.co.jp/0704/070406evening02.htm

海洋深層水とは

海洋深層水(かいようしんそうすい)または単に深層水とは水深が200メートル以下の深海に分布する、表層とは違った物理的・化学的特徴を持つ海水のことである。これは産業利用上の定義であり、海洋学上の定義とは異なる。

海洋学上の深層水は大洋の深層に分布する海水で、地球上の2箇所(北大西洋のグリーンランド沖と南極海)で形成される深層水(北大西洋深層水と南極低層水)のことを示す。これらの深層水は熱塩循環によっておよそ2000年かけて世界中の海洋を移動しており、千年単位の地球の気候にも重要な関わりを持っている(詳しくは熱塩循環参照)。

その物理的性質は低温・高塩分・高密度で、大気の影響をほとんど受けないため表層に比べて変化が少ない。

化学的には太陽光が十分に届かないため植物プランクトンが成育せず、表層との混合も起こりにくいため溶存酸素に乏しい(ただし、日本海固有水は溶存酸素量が豊富であることが特徴である。)。また長期にわたって表層から様々な物質が沈降するため、ミネラルや栄養塩に富む。この海水が特定の海域で表層へ上昇することがあるが、そこは非常に生物生産性の高い海域となり好漁場となる。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

深層水加工品を試食 入善のにゅうぜん味菜研究会

入善町の「にゅうぜん味菜研究会」の海洋深層水活用特産品開発活動報告会は二十八日、同町の椚山地区公民館で開かれ、会員ら約二十人が深層水を活用した加工品を試食しながら人気のある特産品開発に向けて意見を交換した。
 報告会は今年度、町の支援を受け、にゅうぜん味菜研究会が深層水を活用した農産加工技術の向上を図ったことを受けて開かれた。意見を聞き、今後の特産品づくりの参考にする。

 会場には深層水を活用して作ったコンニャク、白菜漬け、米粉ドーナツ、米粉食パンなど七種類の加工品が並んだ。

 アドバイザーとして招かれた鍋谷良和町企画財政課長、尾山秀樹みな穂農協専務、酒井良博町農業公社事業部長らが試食後、米粉ドーナツなどを評価したうえで「会員同士、率直に意見を出し合い、競争して柱となる特産品二、三品をぜひ、考え出したほしい」などと話をした。



北國新聞
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20070329203.htm

チェコの大統領から学んだ地球環境問題

アル・ゴア元副大統領が、キャピタルヒルの上院、下院の両方で地球環境問題に関する証言を行なった。公聴会の会場は、長蛇の行列と異常な熱気に包まれ、「キョウト」という地球環境のキーワードが頻繁に発せられたと聞いた。ゴア氏の人気は、オスカー賞を受賞した「不都合な真実」の影響のみならず、7年前の大統領選でブッシュ大統領に負けた後の地球益を求める行動への尊敬と次期大統領選への期待にあるように考えられる。

 地球環境のために、具体的にどんな活動が可能だろうかと考えていた時に、チェコの大統領の講演から実に大切な地球環境のための身近なヒントを得ることができた。

 これはチェコのクラウス大統領がワシントンのシンクタンク(CATO)で講演された時のひとコマである。

 日本は森林と澄みきった湧き水に恵まれた実に美しい国であると、来日された時の感想を述べられた。たぶん日本人が一人もいない会場で、安倍総理が喜ばれるフレーズだろうと思いながら、またワシントンでわざわざ遠い日本のことを話されるとは、相当、日本をお気に召されたのだろうと耳を傾けていた。

 続いて、九州で温泉に入って感動された話をされ、その後、フランス産のミネラルウォーターが出てきたのには驚いたと。こんなに水資源に恵まれている日本人がはるばるフランスから輸送されてきたミネラルウォーターを飲んでいることが、輸送費、エネルギーの消費を考えると、これこそ環境破壊だという話であった 。会場は、この話に湧いた。

 単純に物流を考えただけでも、フランスから、ヨーロッパ大陸、大西洋、喜望峰、インド洋、太平洋とはるばる日本に入ってくるミネラルウォーターの付加価値は非常に高くなる。生産、販売を加えると、如何に無駄なコストとエネルギーを費やしているのであろうか。世界で最も水資源に恵まれた日本の新鮮な水を飲 まずに、フランスのブランドに惹かれ新鮮とは言えない水を飲み、それを地球環境問題と意識しなかったことに問題があるように思う。

 地球環境問題のキーワードは、地球温暖化、砂漠化、酸性雨、オゾン層の破壊、熱帯雨林の破壊、生物多様性の減少などが浮かぶ。そして、地球環境問題の解決には、化石燃料から太陽熱、風力、エタノールなど代替エネルギーへの転換、ハイブレッドなど技術革新、クールビズなど服装の改革、国家や企業の二酸化炭 素削減の努力、個人による電気の節約などが考えられる。

チェコ大統領のミネラルウォーターの指摘は、意外と地球環境問題を考慮する上の死角になっていたように思う。身近にあるものを有効に活用する。これこそ地球に優しい活動だろうと思う。

 地球環境問題を複雑に考えるより、実にシンプルに日本の新鮮な水を飲み、地元の畑や山でできた旬の野菜や果物を食べ、田んぼでできたお米を食べ、川や海で獲れた新鮮な魚を食べる。この先人が行なってきたことを忠実に守ることが、地球環境問題にとって最も賢明な生活習慣だと考えられる。

 京都議定書の「キョウト」という英語は、ワシントンで頻繁に語られている。キョウト、イコール、地球環境問題にも繋がる。1月にスイスで開催されたダボス会議でも地球環境問題が大いに語られた。アル・ゴア氏もオスカー賞を獲得した。加えて、ノーベル平和賞への期待も高まっている。ドイツで開催される今年の先進国首脳サミットは、地球環境問題が重要議題である。このような流れの中で、来年のサミットは日本の番である。国際舞台で 難しいことを語るより、今、日本が地球に伝えるべきメッセージは、先人が教えてくれた地元で出来た季節のものを自然の恵みとして感謝して頂くということだろう。

なかの たもつ (ワシントンと京都を拠点とするシンクタンカー、専門は北東アジア研究、国連職員、米国立イースト・ウエスト・センター、ブルッキングス研究所などに勤務)

 中野さんにメール nakanoassociate@yahoo.co.jp



萬晩報
http://www.yorozubp.com/0703/070329.htm


第14回甲突川上流植林

第14回 甲突川上流植林
日 時 2007年4月1日(日)午前10時
場 所 花尾神社(鹿児島市花尾町/・旧郡山町・・国道3号線上る、川宿田交差点右折
主 催 鹿児島水と緑の委員会・電話099-259-5907

 『よ~く考えよう。水と緑は大事だよ』
☆ ★ 人類が産業革命以降、文明の名のもとで推し進め求めてきた『より多くの豊かさ』は、次世代を担う
 子供たちに地球温暖化、資源の枯渇、自然破壊と汚染という負の遺産を残しました。
地球温暖化にともなう地球環境の悪化は、次世代を担う子供たちの未来にかなりの影響を与えると多くの科学者が警告しています。 

★☆ このまま森林破壊と二酸化炭素の排出、人口爆発が続けば、そのピークは2015年前後に始まるといわれ、深刻な水不足・・?食糧危機が懸念されています。

☆★ 周知の通り、地球上の水の97.5%は塩水で使えません。淡水は2.5%で淡水の大部分は、氷山や氷河、万年雪にとじこめられており、使える流水は1%がしかありません。 飲料用の水は、川から取水され、作られています。その,飲料用の川の水は0.0001%しかありません。

★☆ 人間の身体は地球と同じように70%が水でできており、1%不足すると喉の渇きを覚え、5%不足すると微熱が出て、10%不足すると動けなくなり、12%不足すると死ぬといわれ、綺麗な水は私たちに不可欠なものです。  油はのめないのです。

☆★ いま人類は、毎年石炭を32億トン、石油30億トン、天然ガス16億トンという化石燃料を使い 、200億tを越えるCO2(炭酸ガス)、4億トンに近いCH4(メタンガス)、数千トンのNO2(窒素化合物)、100万トンのフロンガスを毎年放出しています。炭酸ガス濃度の観察が始った1958年、315ppmvであったCO2濃度は、30年後の1988年には350ppmvを越え、1年間に平均1.2ppmvづつ上昇し、最近になるほど上昇率が増大しており、人間の排出する二酸化炭素の量は地球の吸収能力を3倍オーバーしています。 そればかりか人間が発明した自然界にないフロンやトリフルオロメタンなど強力な温室効果ガスを放出しで、オゾンを破壊。南極などにオゾンホールを作っています。

★☆ これらの影響で。世界各地にある氷河が解けたり、北極や南極の氷が解けたり、各大陸の内陸部で砂漠化が進むなど異常気象がおきています。

☆★ 世界の穀物市場を占めてきたアメリカの穀物生産は、オガララ水盆の地下水に支えられてきましたが、この地下水も枯渇し始めました。そればかりか、世界各地で表土流出が起き農業生産が減少し、また海の汚染、乱獲、海温の異常上下、海流の異常蛇行などで漁獲量も激減しています。

★☆ 地球が養える人口は40億人程度であり、現在の人口60億人は既に20億人も定員オーバーしていす。世界の人口は21世紀中葉に90億人になると言われ。世界人口を地球は養えません。
空気、光、土、水、海は食料生産の基礎であり。これらを破壊され、失いつつある地球に、大規模な異常現象が起きても不思議でありません。これらの主な原因は人口増加に伴う森林破壊です。

☆★ 地球に生かされている私たちが私たちにもできる地球を救う方策としては、「限りない豊かさを求める物質欲を抑え、新たな価値観を持つことであり、炭酸ガスを固定する森林を破壊するのでなく、回復させ元気にすることであります。これらの課題の解決には、植林活動に参加し、木を増やすことが、今、私たちにできる有効的な手段で、そしてそのことは、官民が一体となって、子孫の為に、いま、行動する事で解決可能な課題です

☆ 『蛇口の向こうに森がある』といわれるように、私たち鹿児島市市民の飲料用水、産業用水の8割は
甲突川に依拠しています。甲突川下流の鹿児島市市民は、上流の森林がきれいな水や空気を作っていることについて、もっともっと関心をもつべきです。その関心は、上流の森林や里山を訪れることから始ると思います。子供の時から森林の働きや生物との共生を知ることは、子供達が自らの未来を知ることでもあります。ぜひこの機会を利用下さい。
        鹿児島市鴨池一丁目12番35号 全日会館ビル4階
                  鹿児島 水と緑の委員会 31
           委員長  原 口   泉 (鹿児島大学教授)



EICネット
http://www.eic.or.jp/event/?act=view&serial=11891&category

「大阪の水」まずくないでぇ 大阪市がペット入り水道水

「大阪の水はまずい」との先入観を一掃しようと、大阪市水道局が30日からペットボトル入り水道水「ほんまや」を売り出す。活性炭でろかした高度浄水処理水だ。
大阪市が売り出す水道水「ほんまや」


 500ミリリットル入りで100円。地下鉄梅田、難波駅や水族館「海遊館」などで販売する。350ミリリットル入りは市の会合などで飲んでもらう。ラベルは大阪らしいど派手なピンク色に。

 味の特徴は「くせがなく、すっきりまろやか」だとか。食い倒れの街の口が肥えた市民を、「ほんまや」とうならせられるか。



朝日新聞
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200703280137.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。